スポンサード リンク

中性脂肪とコレステロールカテゴリの記事一覧

中性脂肪とコレステロール

「中性脂肪」「コレステロール」と聞くと、とにかく身体に悪いイメージがありますが、
そうではありません。中性脂肪もコレステロールも私たちの身体にとって必要で、重要な働きをしてくれるものです。

中性脂肪は、エネルギー源であり、体温を保ってくれます。
コレステロールは、身体の細胞膜やホルモンの材料となってくれます。問題なのは、中性脂肪とコレステロールが必要以上に増えすぎてしまった場合です。

中性脂肪もコレステロールも、血液の中を運ばれていますが、その濃度が高くなると、動脈硬化の原因となります。中性脂肪やコレステロールが増えてしまう原因は、ずばり食べすぎ。特にコレステロールは動物性の脂から作られるので、肉ばかり食べるような食生活は見直す必要があります。

コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)の2種類があり、動脈硬化の原因となるのは、悪玉(LDL)です。中性脂肪が増えすぎると、善玉(HDL)が減ってしまい、逆に悪玉を増やしてしまいます。
血液中の中性脂肪やコレステロールが増えすぎてしまった状態は「高脂血症」と呼ばれる生活習慣病です。血液中に中性脂肪やコレステロールが多い人は、血液の流れも悪くなり、高血圧症にもなりやすくなります。中性脂肪やコレステロールの数値は自分では測れませんので、定期的に検診を受けることが大切です。

           

中性脂肪と食事

血液中の中性脂肪の濃度が高くなりすぎると、動脈硬化をはじめとする成人病になりやすくなります。原因は食事の摂りすぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足など。バランスの良い食事を心がけることで、中性脂肪を減らすことができます。

中性脂肪を増やさないようにするには、どのような食事をすればよいでしょう。まずは、摂取カロリーを抑えること。中性脂肪の多い人は、たいてい脂っこい食事が大好き。ステーキなど、動物性の脂肪が多い食事は、中性脂肪を増やします。外で食事をすることが多い人は、外食の回数を控えたり、選ぶメニューを考えたりして、中性脂肪を増やさないようにする工夫が必要です。
外での食事の多い人は、お酒の量も多くなりがちですので、中性脂肪を減らしたい人は控えた方が良いでしょう。むやみにカロリーを落とした食事ではなく、魚介類や野菜など必要な栄養はしっかりと食べることが中性脂肪増加を防ぎます。ただし、ヘルシーに思える果物には要注意。果物の糖分は、中性脂肪を増やすので、食事がわりに果物ばかりとったりするのは逆効果です。甘い物の摂りすぎもよくありません。

せっかく食事に気をつけていても、間食が多ければ、中性脂肪も減りません。規則正しくバランスの良い食事を心がけ、間食やアルコールを控えることは、中性脂肪だけでなく、健康な身体作りの基本ですね。

                       

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。