スポンサード リンク

メタボリックシンドロームと中性脂肪の関係

中性脂肪と並んで最近よく耳にする「メタボ」。メタボとは一体なんでしょう。中性脂肪が増えすぎて肥満になると、いくつもの生活習慣病にかかりやすい状態になります。そのような状態をメタボと呼びます。メタボとは、「メタボリックシンドローム」の略です。 
中性脂肪が内蔵のまわりにたっぷりとたまってしまったお腹は「メタボ腹」と呼ばれます。同じ肥満体でも皮下脂肪の多いタイプより、危険です。中性脂肪の増加は動脈硬化の原因となります。メタボをほうっておくと、心筋梗塞や脳梗塞にもつながります。

中性脂肪の原因は食べすぎ、飲みすぎです。中性脂肪を減らし、メタボを予防するには、毎日の食事に気をつけることが一番大事です。摂取カロリーを抑え、肉類は控えましょう。    
背の青い魚には、中性脂肪を下げる働きがあるので、メタボ対策として、積極的に食べましょう。メタボの人は、アルコールや間食も出来るだけ量を少なくし、中性脂肪を減らす努力をした方がよいですね。

運動不足も中性脂肪を増やします。メタボにならないために、意識して身体を動かしましょう。ウォーキングは、いつでも思い立った時に手軽に出来る有酸素運動ですので、中性脂肪、そしてメタボを気にする人には最適です。

中性脂肪を増やすも減らすも、自分の心がけ次第。メタボを寄せ付けない健康な身体でいたいですね。

        
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。