スポンサード リンク

中性脂肪と食事

血液中の中性脂肪の濃度が高くなりすぎると、動脈硬化をはじめとする成人病になりやすくなります。原因は食事の摂りすぎ、お酒の飲みすぎ、運動不足など。バランスの良い食事を心がけることで、中性脂肪を減らすことができます。

中性脂肪を増やさないようにするには、どのような食事をすればよいでしょう。まずは、摂取カロリーを抑えること。中性脂肪の多い人は、たいてい脂っこい食事が大好き。ステーキなど、動物性の脂肪が多い食事は、中性脂肪を増やします。外で食事をすることが多い人は、外食の回数を控えたり、選ぶメニューを考えたりして、中性脂肪を増やさないようにする工夫が必要です。
外での食事の多い人は、お酒の量も多くなりがちですので、中性脂肪を減らしたい人は控えた方が良いでしょう。むやみにカロリーを落とした食事ではなく、魚介類や野菜など必要な栄養はしっかりと食べることが中性脂肪増加を防ぎます。ただし、ヘルシーに思える果物には要注意。果物の糖分は、中性脂肪を増やすので、食事がわりに果物ばかりとったりするのは逆効果です。甘い物の摂りすぎもよくありません。

せっかく食事に気をつけていても、間食が多ければ、中性脂肪も減りません。規則正しくバランスの良い食事を心がけ、間食やアルコールを控えることは、中性脂肪だけでなく、健康な身体作りの基本ですね。

                       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。